LIXIL Link to Good Living
(別ウィンドウで開きます)
ビジネスユーザー向け
耐震補償付き スーパーストロング構造体VALUE
安心の理由
自由な間取り
建てるには

検査・補償までの流れ

約款

お近くの加盟店
よくある質問
地震コラム
お問い合わせ・資料請求
 
 
 
 
建てるには
設計から検査・補償までの流れ
スーパーストロング構造体バリューを建築会社・工務店・住宅販売会社へご指定ください。
スーパーストロング構造体バリューに規定する内容の設計を行います。
地盤調査を実施し、耐震等級3にするための基礎設計を実施します。
株式会社LIXILが規定の構造設計検査を行います。
お客様と建築会社・工務店・住宅販売会社が『耐震補償付き「スーパーストロング構造体バリュー」約款』による契約を結びます。
スーパーストロング構造体バリュー仕様にて建築します。
住宅瑕疵担保責任保険法人による計2回の検査を行います。

登録書記載の補償開始日より補償が開始されます。

※注文住宅の場合

住宅瑕疵担保責任保険法人によって、工事期間中、「基礎配筋検査」「構造体検査」を行います。
耐震補償の対象住宅を表す登録証
<登録管理会社(LIXIL)>
スーパーストロング構造体バリューの契約は、お客様と建築会社・工務店・住宅販売会社及び建築会社・工務店・住宅販売会社と株式会社LIXILそれぞれが行います。
スーパーストロング構造体バリューの補償内容を確認し、建築会社・工務店・住宅販売会社とスーパーストロング構造体バリューの契約を行います。
お客様にスーパーストロング構造体バリュー契約条項の説明を行い、お客様とスーパーストロング構造体バリューの契約を行います。また、株式会社LIXILとスーパーストロング構造体バリュー加盟店登録規程による契約を行います。
建築会社・工務店・住宅販売会社とスーパーストロング構造体バリュー加盟店登録規程による契約を行い、スーパーストロング構造体バリュー仕様の確認及び「耐震等級3」相当の設計検査を行います。また、登録管理会社として補償対象物件の登録管理を行います。
※表記の「建築会社・工務店・住宅販売会社」は「スーパーストロング構造体バリュー加盟店」のことを示します。

このページの先頭へ