LIXIL Link to Good Living
(別ウィンドウで開きます)
ビジネスユーザー向け
耐震補償付き スーパーストロング構造体VALUE
安心の理由
自由な間取り
建てるには
お近くの加盟店
よくある質問
地震コラム
お問い合わせ・資料請求
 
 
 
 
よくある質問

地震による被害の特徴を教えてください。

阪神淡路大震災の犠牲者の83.9%の方が、家の倒壊や家具の転倒が原因で亡くなられています。

最近の新築住宅でも倒壊しますか?

阪神淡路大震災や新潟中越地震の被災状況より倒壊した住宅の中には新築住宅もありました。したがって、最近の新築住宅でも倒壊する危険性はあります。

どのような住宅が地震に対して危険なのですか?

@建物の上階(2階、3階)が重い建物。
A耐力壁の配置バランスが悪い建物。
B設計どおり壁が配置されていない建物や、規定通りに施工されていない建物は倒壊や全壊する恐れがあります。

耐震性能を高める設計とは、どのようなものですか?

建物を構成する各部材が、地震の左右の揺れに対して一体となって耐えることができるように設計をします。各部材は、通常は重みを支える役割ですが、地震時には一体となって変形を防ぐ役割を担っています。

なぜ「耐震等級3」相当でなければ補償されないのですか?

「スーパーストロング構造体VALUE」の耐震性能は、国内最高水準を基準である、「耐震等級3」相当を必要で十分な強度性能として設定しています。建築基準法レベルの「耐震等級1」では、阪神淡路大震災級の地震では倒壊してしまう実験結果もあるため、耐震等級1や2の住宅は補償の対象となりません。

耐震補償について教えてください。

「スーパーストロング構造体VALUE」で建築した家が、直接加わった地震の揺れが原因で全壊した場合、一定の条件をもとに建替え費用の一部を負担します(現金での補償はいたしません)。耐震補償は地震による全壊に対しての補償です。半壊、一部壊、軽微な損傷は補償対象外となります。

 

このページの先頭へ