ビル・マンションのご案内のページ
ページ内を移動するためのリンクです。

LIXIL Link to Good Living
(別ウィンドウで開きます)
ビジネスユーザー向け

ビル・マンション

技術資料

サッシがもつ主性能のご紹介

耐風圧性

耐風圧性とは、サッシ・ドアがどれくらいの風圧に耐えられるかを表す性能です。台風など強風によってサッシ・ドアが使用上支障をきたす変形をしたり、戸が脱落することがないようにするために大切な性能です。
耐風圧性は、面積1㎡あたり、どの程度の風圧に耐えられるかを基準とし、JIS規格に定められた等級(S-1〜7)で評価します。風圧の単位はPa(=N/ ㎡ )で表されます。

詳しく見る

気密性

気密性とは、サッシ・ドアの枠と戸の隙間から空気(隙間風)が漏れにくい性能をいいます。冷暖房時の熱損失を少なくしたり、騒音や砂塵等の侵入を抑えたりするために、気密性の高いサッシ・ドアが求められます。
気密性は、面積1㎡あたり、1時間でどれくらいの空気が漏れるかを基準とし、JIS規格に定められた等級(A-1〜4)で評価します。空気の漏れは㎥ / (h・㎡ )の単位で表されます。

詳しく見る

水密性

水密性とは、雨を伴った風に対し、サッシの室内側(枠外)への雨水の浸入をどれくらいの風圧まで防げるかを表す性能です。
水密性はサッシ・ドアが面積1㎡あたり、どれ位の風圧まで雨水の浸入を防げるかを基準とし、JIS規格に定められた等級(W-1〜5)で評価します。風圧の単位はPa(=N/㎡)で表されます。

詳しく見る


説明を動画で見る

本試験映像は、台風などの暴風雨を想定した条件下で、サッシの水密性を確認した試験の様子です。

遮音性

遮音性とは、サッシ・ドアを通して室外から室内、あるいは室内から室外へ透過しようとする音をどれくらい遮ることができるかを表す性能です。
遮音性は、周波数毎にどれくらいの音を遮ることができるかを基準とし、JIS規格に定められた等級(T-1〜4)で評価します。測定値はdB(デシベル)で表されます。サッシ・ドアの遮音性は求める居住環境により選定します。

詳しく見る


説明を動画で見る

本試験映像は、単板ガラスのサッシや内窓を付けた二重窓が、99dBの騒音(電車が通る高架下と同じレベル)に対し、どの程度遮音できるかを確認した試験の様子です。

断熱性

断熱性とは、サッシ・ドアからの熱移動をどれくらい抑えることができるかを表す性能です。
断熱性は、熱貫流率(窓の内外の温度差が1℃の時、単位時間あたり窓の面積を通過する熱量)を基準とし、JIS規格に定められた等級(H-1〜6)で評価します。熱貫流率の単位はW/(㎡・K)で表されます。 建築物においては、窓を通しての熱移動が最も大きいため、省エネルギー効果を高める上で、サッシの断熱性の向上は重要な要素となります。

詳しく見る


説明を動画で見る

本試験映像は、室内温度20℃、室外温度0℃という条件下で、試験装置内に設置した玄関ドア・サッシなどに対し、どの程度の断熱効果があるかを測定した試験の様子です。

関連情報

その他諸性能のご紹介

結露防止性

結露防止性とは、結露の発生をどれくらい抑えることができるかを表す性能をいいます。窓が結露すると室内仕上げを汚染して、美観を損ねたり、カビの発生などにより健康へ悪い影響を与えたりするため、結露発生のメカニズムである室内外の温度差や湿度を調整する対策が必要です。
具体的に言えばサッシ及びガラスの断熱性の向上と空調による温度や湿度の調整などがあげられます。

詳しく見る

防火性

防火性とは、建築物の火災に対する安全性のレベルを表す性能です。建築基準法、建築基準法施行令、建設省(国土交通省)告示等で規定されています。なかでも、耐火建築物、準耐火建築物や防火地域または準防火地域にある建築物の外壁で延焼の恐れのある部分の開口部については、炎を遮り延焼を防止するために「防火設備」の使用が義務づけられています。また、防火区画には一般的に鋼製の防火設備が使用されます。
平成27年6月の建築基準法改正で、3階建ての木造建築物の場合、従来の外部からの延焼に加え、内部の火災が開口部を通じて同一建物の他の開口部に延焼の恐れがある範囲にある場合は、その開口部は防火設備とすることが必要になりました。

詳しく見る


説明を動画で見る

本試験映像は、サッシやドアなど実際の商品に炎を当てて、所定の耐火性能があるかを評価した防火試験の様子です。

関連情報

表面処理

サッシやドア、カーテンウォールなど金属製品の表面には通常、耐久性および美観の向上を目的とした表面処理が施されています。アルミニウム建材に施される代表的な表面処理である『陽極酸化塗装複合皮膜』および『陽極酸化皮膜』に関する種類(等級)および性能はJIS規格で規定されています。

詳しく見る

メンテナンス(清掃)

製品の美観や性能を長期にわたり維持するためには、製品の材質や施されている表面処理の種類に応じて適切な清掃方法を選択し、使用する環境に応じた頻度で定期的にメンテナンスを行うことが重要です。

詳しく見る

シーリング

シーリングとは、建築物の水密性・気密性を損なわないよう部材と部材の隙間(目地)を、熱収縮など部材の動きに追従できる防水材料(シーリング材)で充填することです。建築用シーリング材は種類が多く、使用目的や被着材料に適した材料を選定する必要があります。

詳しく見る

防犯性

サッシ・ドアの防犯性能とは、工具類等の侵入器具を用いた侵入行為に対して、サッシ・ドアが有する抵抗力を言います。
現在一般に横行している侵入手口に対して「5分以上」の侵入抵抗時間を有することを要求性能として、防犯を意味するCP(Crime Privention)マークを表示しています。 開口部の侵入防止対策が必要な部位、防犯建物部品の詳細については、(一社)住宅性能評価・表示協会及び (一社)日本サッシ協会のHPを参照ください。

詳しく見る

関連情報

熱反り

玄関ドアは、断熱性を高めるため室内外で熱を伝えにくい構造にしています。そのため、ドアに直射日光があたると外部側の部材が伸び、ドアに反りが発生することがあります。この反りにより、まれに扉と枠の隙間から光が漏れたり、錠の施解錠がしにくくなる現象が発生しますが、内外の温度差が小さくなるとともに解消します。 (熱環境試験により通常使用における温度差では、不具合に至らないことを確認しております。)


説明を動画で見る

本試験映像は、太陽光に近い人工光をドア製品に照射し、高温環境下で異常が発生するかどうかを確認する光照射試験の様子です。

このページの先頭へ