LIXIL Link to Good Living
(別ウィンドウで開きます)
ビジネスユーザー向け

トップランナー基準適合サポート

トップランナー基準適合サポートは、「住宅事業建築主基準(トップランナー基準)に係る適合証」の取得をサポートします!

「住宅事業建築主基準に係る適合証」取得のメリットとは?

1 住宅省エネラベル(緑色)が使える!※1 登録建築物調査機関による評価(第三者機関による評価)
2 フラット35S(金利Aプラン)が使える!※2 借入金利の引き下げ幅が、当初10年間0.3%引き下げられます。

トップランナー基準とは?

先進のエコ住宅への対応で先手必勝!

大手住宅販売会社などは、対応義務のあるトップランナー基準。お客様からの問い合わせ前に、しっかり準備しておきましょう!

トップランナー基準適合サポートの特長

トップランナー基準申請方法をHPなどで研究…簡単にできそうだ!Webプログラムでやってみた。できたつもりで申請してみると…あれ?またやり直しだ!困った!フラット35Sの申請もある…時間がない。どうしたらいいんだ?
・エアコンの性能値の算出方法がわからない?・通風の計算がわからない?計算根拠も必要なの!?・換気計算が違っているみたい…。どう計算すればいいのだろう?・給湯器の配置は?図面はどうやって書くの??

LIXILにお任せください!設計サポートのプロが代行いたします!登録建築物調査機関へ「住宅事業建築主基準に係る適合書」の交付申請を代行し、 「適合証」を取得します。
1.断熱性能仕様を確認して申請図書を作成します。2.設備配置等の必要要件を記載した申請図書を作成します。3.暖房冷房性能(新築時に設置する場合)や、給湯設備機器の性能を調べます。4.通風(通風の確保有りの場合)や、比消費電力を計算します。
ビルダー様に断熱仕様の目標等級と使用する設備機器を決定していただいた上で、断熱仕様や基準達成率の確認、申請図書の作成等をサポートします。※設備機器の商品提案は行いません。

申請と手順の流れ

イメージ図:申請と手順の流れ

このページの先頭へ