LIXIL Link to Good Living
(別ウィンドウで開きます)
ビジネスユーザー向け
フラット35S申請サポート
新築の木造住宅を対象にフラット35Sの設計検査申請書の作成、および適合証明機関に代行申請するサービスです。
「設計検査に関する通知書」を代行受領し、ビルダー様にお届けいたします。
フラット35S(金利Aプラン)・(金利Bプラン)に対応
[フラット35]S技術基準をクリアすることで、お借入金利が一定期間引き下げられます。
フラット35S金利引下げプラン
金利引下げプラン 金利引下げ期間 金利引下げ幅 お申し込み期限
フラット35S(金利Aプラン) 当初10年間 平成29年9月30日以前の申込受付分
年▲0.3%
平成29年10月1日以降の申込受付分
年▲0.25%
平成30年3月31日
フラット35S(金利Bプラン) 当初5年間
フラット35Sに対応する「申請サポート」
【フラット35】Sをご利用いただくための住宅の条件 LIXILサポート対象
金利Aプラン 省エネルギー性 認定低炭素住宅
一次エネルギー消費量等級5の住宅
性能向上計画認定住宅(建築物省エネ法) -
耐震性 耐震等級3
バリアフリー性 高齢者等配慮対策等級4以上 -
耐久性・可変性 長期優良住宅
金利Bプラン 省エネルギー性 断熱等性能等級4の住宅
一次エネルギー消費量等級4以上の住宅
耐震性 耐震等級2以上 又は免震建築物 -
バリアフリー性 高齢者等配慮対策等級3以上 -
耐久性・可変性 劣化対策等級3且つ
維持管理対策等級2以上
-
※フラット35Sをご利用いただくためには、上記の技術基準いずれか1つ以上のほか、【フラット35】の技術基準やその他融資基準を満たす必要があります。
※適合書証明書取得のためには、ビルダー様にて「中間現場検査」及び「竣工現場検査」の手続きが必要となります。
フラット35S申請サポートの特長
申請と手順の流れ
※上記とは別に、金融機関への手続きが必要です
※フラット35Sに関する詳細は住宅金融支援機構のホームページでご確認ください
このページの先頭へ